コンテンツにスキップする
:::

文化テーマ活動

フォントサイズ:
グレード細字
単語レベル
レベルのキャラクター

新北市淡水環境芸術フェスティバル

◆活動の由来

 

17世紀に西洋の海権が世界に版図を拡張していた時、淡水はアジア航路のハブである台湾に位置し、世界文化に接触する窓口でした。当時は北台湾のドアであった淡水は、政治、経済、軍事の重要性から、争いの的でした。台湾の運命を変えた清仏戦争は1884年に起こりました。2009年の清仏戦争125周年に淡水は初めて自治体と民間団体が協力し、文史、芸術、劇場、コミュニティを融合して、大型戸外劇を行いました。当時、唯一の勝利戦─淡水「滬尾の役」を追想しました。淡水住民は淡水の古い物語を語り、不可能を驚きと讃嘆に変えました。2009年から2013年まで「西仔反伝説」は淡水環境芸術フェスティバルの主軸の一つです。2014年はちょうど清仏戦争130周年に当たり、西仔反伝説が新しくなり、新しい編集より、音楽要素及び視覚効果を加え、観衆を歴史に引き込み、観衆を舞台に引き入れ、様々な視覚が融合し、見ごたえがあります。一人一人が主役で、現地の共同記憶を創造します。

 

淡水の豊かな自然は、創作動力を生み出し、多くの芸術家が住み着いています。、淡水は2006年から芸術家を学校及びコミュニティに進駐させる戦略より、芸術に対する住民の参加度を高め、芸術パレードを通じて地元住民活力と文化特色を表現してきました。2014年芸術パレード活動は淡水特殊地理環境「五虎崗」をモチーフに、台湾の賑やかな祭り形式で、豊富な淡水風土民情を統合し、それぞれ異なるテーマ人形、例えば八家将、五色河神などを作り、伝統から出発し、革新概念を表現して、人々が生活環境と歴史に再注目するようにしました。2014年新北市淡水環境芸術フェスティバルは市民へ更にアドバンスした芸術節の内容を提供し、参加した市民へ大きな満足感と幸福感をもたらします。

 

◆イベント内容

 

1.清仏戦争130周年シリーズ講座

2008年、淡水公所が清仏戦争講座を行いました。テーマは19世紀末台湾政治経済社会の紹介、旅人が古い淡水古戦場等でした。2009年地方文化フェスティバルでは、淡水を清仏戦争のイベント主軸の一つとしました。2014年はちょうど清仏戦争130周年に当たり、講座を通じて淡水住民に清仏戦争の深い意義を理解してもらいます。

 

2.清仏戦争古戦場巡礼

シリーズ講座を中心に、古戦場調査も行い、人々に清仏戦争を理解してもらいます。清仏戦争古戦場で淡水史跡ガイド解説活動を行います。

 

3.芸術パレード

コミュニティ芸術、コミュニティ建設と現地人々の生活を融合し、学校、コミュニティ及びクラブを通して、淡水のコミュニティ活力、文化特色と豊富な創造力を表現します。今年のパレードテーマは淡水現地の祭り文化です。

 

(1)芸術家が学校及びコミュニティに駐在:芸術教育及び生活芸術を融合し、淡水の生態、人文、歴史と生活環境をテーマに、各学校、コミュニティの芸術文化素養と現地文化特色を表現します。インタラクティブ体験レッスン活動を通して、淡水現地歴史物語、コミュニティ文化等特色を発展させます。

 

(2)芸術パレード作業場:8月~10月のパレード作業場カリキュラムに芸術パレードに参加するコミュニティやクラブ、そして芸術家と交流をし、テーマを討論しあい、服装道具を製作し、パフォーマンスを練習する等、芸術を住民生活の一部分にします。

 

(3)芸術パレード撮影回顧展:芸術パレード作業室空間を利用して、歴代パレード活動成果写真を展示して、作り物、笑顔、楽しい瞬間を振り返ります。

 

(4)芸術パレード-淡水瘋妙会:淡水老街を大型舞台と見立てて、賑やかな祭りをテーマに、住民がパフォーマーになって老街で思い切りパフォーマンスし、熱狂的で深度のある芸術パレード活動を行います。

 

4.芸術の驚きin街角

「街角公演」をコンセプトとし、淡水の人文景観と建築特色に合わせて、パフォーマンスチームを招き、ヨーロッパ風味が満ちた芸術エントランスホール、日光が照らす観潮広場、波がきらきら光る金色水岸の傍でパフォーマンスしてもらい、皆が街角で芸術を発見できるようにし、芸術を生活に溶け込ませます。

 

5.市民環境劇場-西仔反伝説

「滬尾の役」の歴史事件から発生した伝説、祭祀と風土民俗等を創作発想として、戸外環境劇場のパフォーマンス形式で、清仏戦争の地理空間を再現し、人文歴史と伝説物語を融合し、演劇表現で一つにします。「現地人が現地物語を演じる」、プロの芸術家の指導を通して、古戦場戸外環境を使い、200名以上の市民俳優を動員して演じます。2014年はちょうど清仏戦争130周年に当たり、西仔反伝説が新しくなり、全く新しい編集で音楽要素及び視覚効果を加え、観衆を歴史に引き込み、観衆を舞台に引き入れ、様々な視覚が融合し、見ごたえがあります。一人一人が主役で、現地共同記憶を創造します。

 

6.環境芸術フェスティバルフォーラム

芸術領域の学者を招待し、活動観察人になってもらいます。環境芸術フェスティバル期間、イベント現地で実地観察を行い、芸術家、文史作業者、市民を招いてフォーラムに共同参加して頂き、芸術フェスティバルの価値と意義を討論し、芸術フェスティバル計画の方向性と改善案を提供し、活動の質を向上させます。

活動スケジュール

活動

場次

期日

時間

場所

清仏戦争130周年シリーズ講座

清仏戦争の時代背景

5/31()

14:00-16:00

水碓活動センター3

西洋人が私たちの台湾を攻撃した:清統治後期台湾の経済社会と防衛

6/1()

14:00-16:00

水碓活動センター3

台湾での清仏戦争

6/8()

14:00-16:00

水碓活動センター3

清仏戦争、滬尾の役の経過

6/15()

14:00-16:00

水碓活動センター3

台湾安全の過去、現在と未来~数回の台湾戦史の角度から分析

6/22()

14:00-16:00

水碓活動センター3

マッケイと清仏戦争

6/29()

14:00-16:00

水碓活動センター3

清仏戦争、滬尾の役関連人物と逸話

7/6()

14:00-16:00

水碓活動センター3

淡水の地理歴史と人文

7/13()

14:00-16:00

水碓活動センター3

淡水文化無尽蔵

7/20()

14:00-16:00

水碓活動センター3

淡水砲台埔の番仔楼

7/27()

14:00-16:00

水碓活動センター3

清仏戦争、滬尾の役130周年、私たちは何ができるか?

8/3()

14:00-16:00

水碓活動センター3

清仏戦争古戦場周辺及び環境

8/10()

14:00-16:00

水碓活動センター3

清仏戦争古戦場巡礼

古戦場巡礼(第一回)

9/20()

09:00-12:00

清仏戦争古戦場

古戦場巡礼(第二回)

9/27()

09:00-12:00

清仏戦争古戦場

芸術パレード

芸術パレード作業室

8/1-10/10(每日)

10:00-21:00

滬哈作業室(淡水区中正路135)

芸術パレード撮影回顧展

9/1-9/15(每日)

10:00-21:00

滬哈作業室(淡水区中正路135)

芸術パレード-淡水瘋妙会(開幕式を含む)

10/11()

14:00-18:00

中正老街(観潮広場-淡水老街広場)

芸術驚きが街角に

マイム出走

10/18

15:00-10:40

芸術エントランスホール

DuoTrio跨域i計画

10/18

15:50-16:20

観潮広場

黒檀木の話

10/18

16:30-17:00

金色水岸

来い!小王子

10/19

15:00-10:40

芸術エントランスホール

みんないっしょに踊ろう

10/19

15:50-16:20

観潮広場

堤岸を漫歩

10/19

16:30-17:00

金色水岸

市民環境劇場-西仔反伝説

西仔反俳優作業室

7/9-10/15

19:00-22:00

水碓活動センター3

西仔反第一回合同稽古+出陣式

8/27

14:00-17:00

水碓活動センター3

西仔反伝説合同稽古

9/69/1310/19

09:00-12:00

滬尾砲台公園

西仔反伝説技術リハーサル、リハーサル、総リハーサル

10/20~10/24

18:00-21:00

滬尾砲台公園

西仔反伝説正式パフォーマンス

(閉幕式を含む)

10/2510/26

19:00-21:00

滬尾砲台公園

環境芸術フェスティバル論壇

観察人が芸術フェスティバル期間に観察活動を行う

芸術フェスティバル期間

滬哈作業室、水碓活動センター、滬尾砲台公園

芸術フェスティバル観察人、芸術家、文史作業者、市民が論壇に参加

11/1

14:00

水碓活動センター3

TOP