コンテンツにスキップする
:::

発展

フォントサイズ:
グレード細字
単語レベル
レベルのキャラクター

公共芸術概念の始まりは西洋の公共性彫刻作品を遡ります。ヨーロッパに現存する宗教性建築、公共広場又は記念性建物の中、どこでもこのタイプの作品見られます。例えば:イタリアのサンマルコ広場、サンロレンツォ教会或は人民広場など。然し、このタイプの作品は大部分が「記念性」あるいは「宣伝性」等実用機能を背負い、目的も多くはその付属の空間或は建築物を美化する為であり、大部分は政府又は貴族が設置を決定し、現代公共芸術の精神と基本性質に違いがあります。

 

公共芸術概念の成形を遡ると、1930年にアメリカのルーズベルト大統領の新政策中、率先して「公共芸術」を独立名詞とし、そして国家政策になりました。その主旨は、当国の国家芸術家が経済不況の困難を乗り越えるのを助け、安定した収入源を確保することでした。1959年にアメリカ自治体は《芸術パーセント》条項の中で、更に全ての市政建設を規範し、1%を芸術建設の用途に計上しなければならないと規定を策定しました。我が国公共芸術母法もアメリカの法規を参考依拠としており、1992年に公布施行された《文化芸術奨励条例》第九条には「公有建築所有者は芸術品、美化建築物と環境を設置しなければならず、その価値は建築物建築費用の1%より少なくてはならない」と定められています。行政院文化建設委員会は1998年に《公共芸術設置方法》を公布し、政府が全力で公共芸術を推進する時代がこお時から展開され、その法も現在公共芸術を広める主要の法律根拠でもあります。

TOP